【必勝法】Deuces Wild(デューシーズワイルド)でカジノをぶっつぶせ!【ビデオポーカー】

カジノ攻略



デューシーズワイルド(Deuces Wild)

近年、日本ではテキサスホールデムのプレイヤー人口が年々増加していて、人気の程が伺えますが、何と言っても日本では馴染み深いのはドローポーカー(配られた5枚の手札からいらない札を交換)ではないでしょうか!

今回はそんなドローポーカーの中でも物珍しい、デューシーズワイルド(Deuces Wild)というビデオポーカーを解説していきます。

ビデオポーカーというのは何かと言うと、下の画像のようなやつです。

海外カジノやゲームセンターとかで見たことある人も多いのではないでしょうか。
なぜ、今回デューシーズワイルドというビデオポーカーを解説するのかというと、これ実はめちゃくちゃ美味しいゲームなんです。

なにが美味しいかというとペイアウト率(還元率)が100%を超えるゲームなんです!
え?どういうこと!?って思いますよね。簡単に言うと、やればやるだけお金が増えていくんです!

デューシーズワイルドというのはデュース(数字の2)がワイルドカードといって何にでもなれる万能カードとなるポーカーです。

デューシーズワイルドにも様々な配当テーブルがあって、以下の配当をしている機体はペイアウト率(還元率)が100.76%となります。

手役配当
純正ロイヤルフラッシュ*1800
フォーデューシーズ200
ワイルドロイヤルフラッシュ*225
ファイブオブアカインド15
ストレートフラッシュ9
フォーオブアカインド5
フルハウス3
フラッシュ2
ストレート2
スリーオブアカインド1
*1:ワイルドカードを使わないロイヤルフラッシュ
*2:ワイルドカードを使ったロイヤルフラッシュ

注:5枚賭けが前提の配当テーブルになりますので5枚未満の賭けだと純正ロイヤルフラッシュの配当が下がってしまいます。

プレイの方法

フルペイアウト率100.76%のデューシーズワイルドを見つけたら、次にどの様にプレイするべきかを解説していきます!フル攻略していく上で交換するカードを間違えてしまうとペイアウト率が下がって100%を下回ってしまいますので注意しましょう!


まずは配られた5枚のカードを見て以下の手順でアクションしていきます。
①手札にデュースが何枚あるか確認する
②デュースの枚数で適切なアクションを選択する

デュースが0枚の場合

デュースが0枚の場合は配られた手札を見て、表の順位1から下位に向かっていき、アクションを選択していきます。

手札配当期待値  例        
ロイヤルフラッシュ完成800T-J-Q-K-A
ロイヤルフラッシュドロー*119.5319T-J-Q-K-4
ストレートフラッシュ完成96-7-8-9-T
フォーオブアカインド5.8511A-A-A♠-A-5
フルハウス完成3A-A-A♠-J♠-J
スリーオブアカインド2.0176A-A-A♠-J♠-T
フラッシュ完成2A-J-6-5-4
ストレート完成24-5♠-6-7-8
ストレートフラッシュドロー1.61704-5-6-7-T
3枚ロイヤルフラッシュ(QJTのスーテッド*2)1.3987Q♠-J♠-T♠-4-3
ガットショットストレートフラッシュドロー*31.3830Q♠-J♠-9♠-8♠-4
3枚ロイヤルフラッシュ(KQJ,KQT,KJTのスーテッド)1.3164K♠-Q♠-J♠-9-4
3枚ロイヤルフラッシュ(A+任意の2つのスーテッド)1.2794A♠- K♠-T♠-8-6
ワンペア0.5613A♠-A-J-T-5
フラッシュドロー0.5106A-J-6-5-4
オープンエンドストレートドロー(3456以外)*40.51065-6-7-8-J♠
3枚ストレートフラッシュドロー(567~9TJのスーテッド)0.49776-7-8-T-J
456のスーテッド0.43204-5-6-8-9
3枚ストレートフラッシュ1ギャップドロー*5(7~Qハイ)0.43208-9-J-4-3
345のスーテッド0.40333-4-5-8♠-9♠
JTのスーテッド0.3882J-10-8♠-6♠-4
QJスーテッド、QTスーテッド(ペナルティなし*6)0.3580Q♠-T♠-7-6-3
346スーテッド、356スーテッド(ペナルティなし)0.35523-4-6-9-J
3枚ストレートフラッシュ2ギャップドロー(7~Kハイ、ペナルティなし)0.35527-9-J-4-5
QJスーテッド、QTスーテッド(ペナルティ1つ)0.3488Q♠-T♠-7♠-5-3
3456レインボー*70.34043-4♠-5-7-A♠
ガットショットストレートドロー(A345以外)0.34044-5♠-7♦-8-J♠
3枚ストレートフラッシュ2ギャップドロー(7~Kハイ、ペナルティ1つ)0.34047-9-J-4-5
346スーテッド、356スーテッド(ペナルティ1つ)0.34043-4-6-J-Q♠
QJスーテッド、QTスーテッド(ペナルティ2つ)0.3385Q-J-6-5-3
QJスーテッド、QTスーテッド(ペナルティ3つ)0.3293Q-J-9-5-3
KQスーテッド、KJスーテッド、KTスーテッド(ペナルティなし)0.3278K-Q-8♠-7♠-3
その他(5枚新しいカードを引く)0.3223K♠-J-8♣-6♠-3
*1:ドローとはあと1枚て役が完成する状態
*2:スーテッドとは同じマークのこと
*3:ガットショットとは間の1枚待ち
*4:オープンエンドとは始まりか終わりの両方待ち
*5:ギャップとは5-7のように間があいていること
*6:ドローを妨げるカードの枚数のこと
*7:すべてのマークが違うこと

【補足】ペナルティカードとは、ドローを完成させるチャンスを損なうカードのことです。例えば、7-9-J-8♠-5♡があり、7-9-Jを残す場合、ストレートを完成させるカードが1枚少なくなるため、捨てる8♠は期待値を下げます。ただし、ガットショットストレートにドローするよりもストレートフラッシュの方がリターンが期待できるため、8を捨てることは理にかなってるといえます。

デュースが1枚の場合

手札配当期待値   例        
ワイルドロイヤルフラッシュ完成252-K♠-Q♠-J♠-T♠
ファイブオブカインド完成152-A-A-A♠-A
ストレートフラッシュ完成96♠-2-7♠-8♠-9♠
フォーオブアカインド5.8511A-A♠-A-2-6♠
ワイルドロイヤルフラッシュドロー3.6383T♠-J♠-2-Q♠-4
フルハウス完成33♠-3-2-J♠-J
オープンストレートフラッシュドロー(2-5-6-7スーテッド~2-9-T-Jスーテッド)2.23402♠-6-7-8-Q
スリーオブカインド2.01762-K-K♠-5-9♠
フラッシュ完成22-6-9-J-A
ストレート完成22-6-7♠-8-9
2-3-4-5スーテッド、2-4-5-6スーテッド1.95742-3-4-5-K
4枚ストレートフラッシュドロー1.6596-1.95746♠-7♠-2-T♠-K
2-A-3-4スーテッド、2-A-3-5スーテッド、2-A-4-5スーテッド1.42552-A-3-4-K♠
3枚ワイルドロイヤルドロー(Jハイ)1.3154J♠-2-T♠-4-5
3枚ワイルドロイヤルドロー(Qハイ)1.2192Q-2-J-4♠-3♠
3枚ワイルドロイヤルドロー(Kハイ)1.1425K♠-2-Q♠-4-3
3枚ストレートフラッシュドロー(2-6-7スーテッド~2-9-Tスーテッド)1.08792-7♠-8♠-J-A
3枚ワイルドロイヤルドロー(Aハイ、ペナルティ無し)1.0463A-2-J-4♠-3♠
その他(全てのデュースを残し、4枚引く)1.02892-4-8♠-J-A♠

デュースが2枚の場合

手札配当期待値  例       
ワイルドロイヤルフラッシュ完成252-K♠-Q♠-J♠-2
ファイブオブカインド完成152-2-J♠-J-J
ストレートフラッシュ完成92-2-6♠-7♠-8♠
フォーオブアカインド5.85112-2-J♠-J-5♠
ワイルドロイヤルフラッシュドロー4.61702-2-J♠-A♠-4
4枚ストレートフラッシュドロー、2-2-6-7スーテッド~2-2-9-Tスーテッド3.31912-2-6♠-7♠-K
その他(全てのデュースを残し、3枚引く)3.24262-2-A♠-5-9

デュースが3枚の場合

手札配当期待値
ワイルドロイヤルフラッシュ完成252-K♠-Q♠-J♠-2
T~Aのファイブオブアカインド完成152-2-2♠-A-A
その他(全てのデュースを残し、2枚引く)14.94082-2-2♠-6-J

デュースが4枚の場合

手札配当期待値
デュースのフォーオブアカインド完成200
2-2♠-2-2-any

その他のペイアウトテーブル

一番重要なことは、この戦術はフルペイアウト率100.76%のデューシーズワイルドで使用するためのストラテジーになります。そして、殆どのカジノに設置してあるのはフルペイアウトとは異なるカジノ側に有利に作られている台ばかりだということです。見落としがあるかもしれませんがラスベガスのストリップ沿いやカナダのカジノではフルペイアウトのデューシーズワイルドを見たことはなかったです。

ペイアウト率が100%を少し下回っていたとしても、カジノにはコンプというシステムがありますので、コンプを加味すると100%超える台もちらほら見受けられるかもしれませんね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました