ルーレット(Roulette)の基本ルールと戦術を世界一わかりやすく解説

カジノ攻略

ルーレットは華やかな見た目からカジノの女王と呼ばれ、カジノといえばルーレットを連想する方は多いのではないでしょうか。ルールが非常に簡単で、高配当が狙えるのが人気の秘訣です。



ルーレット(Roulette)の基本ルール

ルーレットは、ディーラーが投入したボールがウィールと呼ばれる数字の描かれた円盤の、どの数字に落ちるかを予想して、レイアウト上にチップを賭けていくゲームです。配当は賭け方によって2倍~36倍まであり、簡単なゲーム性でありながら高額配当が期待できるゲームです。

賭け方と配当倍率(アメリカンタイプ)

賭け方には大きく分けて2種類あります。

●インサイドベット

レイアウト上の数字、もしくは数字に接する線の上にベットする(賭ける)方法。

●アウトサイドベット

レイアウト上に描かれた数字のグループに対してベットする(賭ける)方法。

インサイドベットの種類

A.ストレート・アップ

単独の番号の真上にチップを置く賭け方。
的中すれば、36倍(1枚につき35枚の配当)が支払われます。

B.スプリット

2つの数字にまたがった位置にチップを置いて、2つの数字に賭ける賭け方。
的中すれば、18倍(1枚につき17枚の配当)が支払われる。

C.ストリート

横に並んだ3つの数字の端にチップを置いて、3つの数字に賭ける賭け方。
的中すれば、12倍(1枚につき11枚の配当)が支払われます。

D.コーナー

4つの数字が交差している部分にチップを置いて、4つの数字に賭ける賭け方。
的中すれば、9倍(1枚につき8枚の配当)が支払われます。

E.ファースト・ファイブ

はじめの5つの数字(0、00、1、2、3) が接しているライン上にベットする賭け方。
的中すれば、7倍(1枚につき6枚の配当)が支払われます。

F.ライン

並んだ横2列に含まれる6つの数字が接しているライン上にチップを置く賭け方。
的中すれば、6倍(1枚につき5枚の配当)が支払われます。

アウトサイドベットの種類

G.コラム

縦一列に並んだ12個の数字に賭ける賭け方。
的中すれば、3倍(1枚につき2枚の配当)が支払われます。

H.ダズン

「1stのDozen」とは1番から12番、「2ndのDozen」とは13番から24番、「3rdのDozen」は25番から36番までのことを意味する。
的中すれば、3倍(1枚につき2枚の配当)が支払われます。

I.レッド/ブラック

赤(Red)か黒(Black)か、に賭ける賭け方。(0、00は除かれます。)
的中すれば、2倍(1枚につき1枚の配当)が支払われます。

J.イーブン/オッド

奇数(Odd)か偶数(Even)か、に賭ける賭け方。(0、00は除かれます。)
的中すれば、2倍(1枚につき1枚の配当)が支払われます。

K.ロー・ナンバー/ハイ・ナンバー

下半分1-18(Low)か、上半分19-36(High)か、に賭ける賭け方。(0、00は除かれます。)
的中すれば、2倍(1枚につき1枚の配当)が支払われます。

ルーレットでのマナー

●他のプレイヤーと同じ箇所にチップを置く場合は、重ねて置きます。(数字上に賭ける「インサイドベット」の場合のみ)

●手の届かない場所に賭けたい場合は、ディーラーに数字を伝えてチップを置いてもらうことができます。ただし、ディーラーにチップは手渡しせず、テーブルにおいて渡すようにします。

●当たり数字を示す「マーカー」が置かれている間は、まだゲームが終わっていませんので、テーブル上のチップに触れたり、次回の賭けを行わないようにします。

賭け金の上限と下限(テーブルリミット)

カジノでは一般的に、同じゲームでもテーブルごとに賭け金の上限と下限が決められています。これを「テーブルリミット」と呼び、この範囲を超えた賭け金はカジノ側で受け付けません。ゲームを行う前に、テーブルリミットを確認するという注意が必要です。



コメント

タイトルとURLをコピーしました