【テキサスホールデム攻略】簡単に見つかるアウツを世界一わかりやすく解説【動画付きで簡単】

カジノ攻略

今回はテキサスホールデムポーカーにおける、”アウツ”とそれに関わる確率について解説していきます。

この、”アウツ”とを知っていることで、様々なシチュエーションで役に立ってきます。
例えば、対戦相手に●●ドルベットされました、私はコールするかどうか悩んでいます。
この時、何の指標も無ければ、コールした方が良いのか、悪いのかわからないですよね。
そうした時にこのアウツ”を理解することで数学的な確率論に基づいた判断を下すことができるのです。

この、考え方はポーカープロ達は必ず知っています。しっかりと理解してポーカーのスキルを磨いていきましょう!

まだ、テキサスホールデムポーカーのルールを知らない方はこちら

アウツとは

アウツとは、まだ現状では未完成のハンドで相手に勝てないけれども、ある適当なカードが来た時に強いハンドに発展する可能性がある。
そう言った、ハンドを発展させるカードの事をアウツといいます。

では、実際にカードを使って解説していきたいと思います。今回はアウツの数え方にフォーカスしていきますので、対戦相手のハンドは考慮しないものとしてください。
あくまでも、自分のハンドが強くなるアウツを数えていきます。

適当なコミュニティーカード3枚を用意して、自分のハンドと見比べていきますので、皆さんも一緒に考えてみてください。

ガットショット・ストレート・ドロー

自分のハンドが”6のクラブ”と”7のクラブ”だったとき。
この時、コミュニティーカードの3と4、それと自分のハンドの6と7を使って、
あと一枚、間に入る5が来ればストレートにハンドが発展するのが分かると思います。
今回のような間のカードが来ればストレートになるという状態をガットショットと呼び、そして、あと一枚来ればハンドが強くなるという状態をドローといいます。なので、ストレートになる上でこの二つの用語を組み合わせて、
ガットショットストレートドローと呼びます。この用語は今後、ポーカーをプレイする上でよく耳にすると思いますので、補足的に覚えておくと良いと思います。
もう一度、カードに注目してください。今回のガットショットストレートドローでは5がくればストレートが完成します。
この5はまだ見えていないカードの中に何枚入ってるか考えていきましょう。
各数字には4つのマーク(スペード、ハート、ダイヤ、クラブ)があるのはご存じだと思います。なので5は4枚残っているはずですよね。
なので、今回の6と7のハンドを持っている場合はストレートに発展するためのアウツは4アウツということになります。

オープンエンド・ストレート・ドロー

次は自分のハンドが”5のハート”と”6のスペード”です。これも3,4,5,6と連続しているので2がきて「2・3・4・5・6」のストレートと、7がきて「3・4・5・6・7」になるストレートがあります。
この両サイドどちらが来てもストレートが完成する状態をオープンエンドと呼びます
そして先ほどのドローという言葉組み合わせて、
これをオープンエンドストレートドローと呼びます。この場合、2がまだ見えていない残りのカードの中に4枚残っていて、7も4枚残っているのでアウツは8アウツということになります。

フラッシュドロー

次は”8のダイヤ”と”9のダイヤ”です。今回は連続した数字は無く、ダイヤが4つあるのでもう一枚ダイヤがくればフラッシュになることが分かると思います。この状態をフラッシュドローと呼びます。
今回はあと1枚ダイヤが来ればフラッシュにハンドが発展するのでダイヤの残っている数を考えていきましょう。
ダイヤの枚数はA~Kまで13枚ありますが、既にコミュニティーカードに2枚、自分の手札に2枚あるので、まだ見えていないカードの中にあと9枚残っているはずです。なので、今回の場合、フラッシュに発展させるためのアウツは9アウツということになります。

応用①ペア+フラッシュドロー

次は”Qのダイヤ”と”10のダイヤ””で考えていきましょう。
今回もダイヤが4枚あるので先ほどのフラッシュドローと同様にアウツは9アウツになります。
そして、Qのペアもあるので、もう一枚Qが来ればスリーオブアカインドに発展しますよね。なので残りのQの数を考えると残り2枚なので2アウツ
そして、10も来ればツーペアに発展しますよね。なので今回は10も数えてみましょう。10は自分の手札の1枚しか見えていませんので、まだ見えていないカードの中には3枚残っているはずですので3アウツ。なので今回のQのダイヤと10のダイヤの場合、自分のハンドが発展するためのアウツはまずフラッシュドローの9アウツとスリーオブアカインドの2アウツ、そしてツーペアの3アウツを合計して14アウツということになります。

応用②オープンエンド・フラッシュドロー

では、次に”5のダイヤ”と”6のダイヤ”で考えていきましょう。
これは「3・4・5・6」と連続していてるので、2か7の両サイドのカードが来ればストレートに発展するオープンエンドストレートドローでしたね。このアウツは2が4枚、7が4枚の8アウツだったと思います。
そして、ダイヤが4枚あるのでフラッシュドローもありますね。なので残りのダイヤ9枚なので9アウツでした。
ここで、皆さんも今回の5のダイヤと6のダイヤを持っているとき、自分のハンドが強く発展するアウツは何アウツあるか考えてみてください。
もし、オープンエンドストレートドローの8アウツ+フラッシュドローの9アウツで17アウツと思った方はおしいんだけど不正解になります。
それはなぜかというと、オープンエンドストレートドローの2と7の中には2のダイヤと7のダイヤがありますよね?
そして、フラッシュドローのダイヤの中にも2のダイヤと7のダイヤが存在します。なので先ほど17アウツとしてしまうと、2のダイヤと7のダイヤを2回カウントしてしまうことになるので、この2アウツ分を17アウツから除外して、答えは15アウツとなります。

PokerSnowie Free Trial

アウツが現れる確率

では、次に今、覚えたアウツが何%でターンもしくはリバーに現れるのかを考えていきましょう。
先ほど、例で出したオープンエンドストレートドローで考えていきす。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-5.png

オープンエンドストレートドローは2が4枚、7が4枚の8アウツだということは先ほど解説いたしました。
そして、次はこの8アウツが何%で次のカードに現れるか計算していきましょう。
まず初めに考えなくてはいけないのは、まだ見えていないカードが何枚あるのかを考えていきます。
まだ見えていないカードは1組のカード52枚からコミュニティーカードの3枚と自分のハンドの2枚の計5枚を除いた47枚になります。
見えていないカードの枚数が分かったら、アウツの数÷残りの枚数×100をしてあげると、次のカードに8アウツが現れるパーセンテージが分かります。
今回の場合は8アウツ÷47枚×100=17.02%になります。
しかし、こんな計算を毎回実践で行うのは難しいし時間がすごくかかってしまいますよね!なので簡単にアウツが現れる確率を求める方法を解説していきたいと思います。
それはとても簡単でターン(もしくはリバー)に現れる確率を知りたければアウツに”2”を掛けてあげるだけです。
なぜかというと、ターンの場合、この残っている47枚のカードから無造作に1枚ターンにカードを出し、現れるカードの確率は100%÷47枚で約2.13%になります。
(リバーだけの場合、46枚のカードから無造作に1枚リバーにカードを出し、現れるカードの確率は100%÷46枚で約2.17%になります。)
適当に1枚カードを出すと2.13%で特定のカードが出てくることになるので、これを計算しやすく2%としてあげているんですね。
同様に、ターンとリバーでカードが2回見られるチャンスがあるのであれば、この2%を倍の4%として計算してあげることによって
計算を楽にすることができます。なので、今回の場合は8アウツ×2%=16%となり17.02%の近似値になるというわけです。
しかし、厳密に言うと、多少の誤差が生じてきてしまいます。フラッシュドローの9アウツくらいまでであれば誤差は2%以内ですが、
アウツの数が増えると誤差が大きくなってしまいます。
例えば、オープンエンドストレートドロー+フラッシュドロー+ツーオーバーの場合、アウツは19アウツになります。
これを単純に2%もしくは4%を掛け算してしまうと誤差が大きくなるので11アウツ以上の場合は注意してください。

下記に各アウツ毎の実際の確率を表にしてまとめておきます。大体2%と4%を掛け合わせてあげると近似値になっていることが確認できると思います。

アウツターンリバーターンとリバー
12.13%2.17%4.26%
24.26%4.35%8.42%
36.38%6.52%12.49%
48.51%8.70%16.47%
510.64%10.87%20.35%
612.77%13.04%24.14%
714.89%15.22%27.84%
817.02%17.39%31.45%
919.15%19.57%34.97%
1021.28%21.74%38.39%
1123.40%23.91%41.72%
1225.53%26.09%44.96%
1327.66%28.26%48.10%
1429.79%30.43%51.16%
1531.91%32.61%54.12%
1634.04%34.78%56.98%
1736.17%36.96%59.76%
1838.30%39.13%62.44%
1940.43%41.30%65.03%

まとめ

アウツについて理解出来ましたか?最初に説明したガットショットストレートドローオープンエンドストレートドロー、そしてフラッシュドローはこれから実践でよく目にすると思いますのでアウツの数を覚えてしますのが良いと思います。

ガットショットストレートドロー4アウツ
オープンエンドストレートドロー8アウツ
フラッシュドロー9アウツ

実践の中で大変な計算をせずに楽する方法は

ターン(もしくはリバー)の1チャンスの場合アウツ×2%
ターンとリバーの2チャンス場合アウツ×4%

アウツについて動画で解説

【ポーカー攻略】超わかりやすくアウツを解説!知ると強くなる知識を徹底分析(初心者向け)

【ポーカー攻略】アウツを解説!知ると強くなる基礎知識を超わかりやすく徹底解説(テキサスホールデムポーカー)



コメント

タイトルとURLをコピーしました