【普通のブラックジャックと何が違う⁉】ブラックジャック・スウィッチを解説

カジノ攻略

今回は一風変わったブラックジャックを紹介し、解説していきます。
通常のブラックジャックのルールをまだご存じない方はそちらを覚えてからの方がスムーズに話が分かると思います。
通常のブラックジャックのルールはこちら



ブラックジャック・スウィッチ(Black Jack Switch)

この、ブラックジャック・スウィッチは基本的に通常のブラックジャックのルールに基づいて進んでいきますが、大きく異なる点が5つあります。

※サレンダーができないカジノも多数存在します。

賭け方の違い

まず、一つ目に賭け方が通常とは異なる独特なものになります。
プレイヤーは必ず同額のチップを2ボックスに賭けなくてはいけません。

カードの入れ替え(スウィッチ)

最初に配られた2枚の内、各々のハンドに配られた2枚目のカードを任意に入れ替えることができる。

ブラックジャックの配当

通常は1.5倍(3to2)の配当が貰えるブラックジャック役ですが、ブラックジャック・スウィッチの場合は入れ替えることによりブラックジャック役になる確率が高くなりますので、配当もその分低くなり、等倍(1to1)になります。

ソフト17の扱い

ディーラーのソフト17は基本的にヒットになります。(一部のカジノではステイになる所も存在しているようです。)

プッシュ22

通常のブラックジャックでは、ディーラーが21点を超えてしまうとバーストになり、残っている全てのプレイヤーが勝ちになりますが、ブラックジャック・スウィッチでは、ディーラーが22点になった時に残っている全てのプレイヤーがプッシュ(引き分け)になってしまいます。

基本戦略

ブラックジャック・スウィッチにも基本戦略(ストラテジー)が存在します。
まず、スウィッチする前の各々のハンドの強さを数値化して合計を算出します。そして次に、スウィッチした後も同様に各々のハンドの強さを数値化して合計を出し、その二つの数字を比べてより合計の数字が高い方を選択する。ただこれだけです!

下記の表はハンド毎のハンドの強さの数値を表したものです。(参照:Wizerdofodds.com)

テーブルにスマホを出してプレイする事はできないが、各々のハンドを入力するだけで、スウィッチした方が良いのか否かを判別してくれる簡易計算機もあります。(参照:Wizerdofodds.com)

通常のブラックジャック同様、スウィッチした後のベーシックストラテジーもあります。基本的には通常のブラックジャックのストラテジーとほぼ変わりません。

上記の表は6デック使用時のストラテジーになります。8デックの場合はプレイヤーのハンド”9”でディーラーのアップカード”5”の時がヒットに変わります。

ハウスエッジ(控除率)

このブラックジャック・スウィッチでは、数あるブラックジャックの中では圧倒的に低いハウスエッジ(控除率)を誇るゲームになります。
下記の条件だと、なんと99.87%の控除率になります!
・6デック
・インシュアランス有り
・サレンダー無し
・エニースプリット
・エニーダブル
・スプリット後のダブル有り
・ディーラー、ソフト17ヒット

動画でブラックジャック・スウィッチを解説

【アメリカで大人気】ブラックジャックスウィッチの遊び方と戦術を実況解説。ひと味違うブラックジャックの楽しみ方(カジノ実践)

【アメリカで大人気】ブラックジャックスウィッチの遊び方と戦術を実況解説。ひと味違うブラックジャックの楽しみ方(カジノ実践)



コメント

タイトルとURLをコピーしました