バカラ(Baccarat)の基本ルールと戦術を世界一わかりやすく解説

カジノ攻略

バカラはアジアで最も人気の高いカードゲームです。
著名人のお金が数億の動いた(直近では●●製紙の井●氏が100億円)と報道されることが日本でも多くありますが、その殆どがバカラのゲームで動いています。
ギャンブラーの行きつく場所であり、世界的に熱狂的ファンが多いバカラのルールと戦術を学んで、存分にお楽しみください。



バカラ(Baccarat)の基本ルール

バカラとは、顧客とディーラーとの対戦型のゲームではなく、テーブル上に描かれた「プレイヤー(PLAYER)」、「バンカー(BANKER)」と呼ばれる2か所のエリアに、それぞれ2~3枚のカードを配り、その配られたカードの合計点数の下1桁が「9点」に近い方が勝ちとなるゲームです。

カードの数え方

カードにはA~Kまでありますが、A~9まではそのまま「1」~「9」と数え、10~Kは全て「0」と数えます。

例題1)カードが3と8の組み合わせの場合、合計点数は3+8=「11」ですが、下1桁のみ使用するので、持ち点は「1」となります。

例題2)カードが5とKの組み合わせの場合、合計点数は5+0=「5」となり、持ち点は「5」となります。

ゲームの進行

ゲーム参加者は、カードが配られる前に「プレイヤー」、「バンカー」のどちらが勝つかを予想してベット(賭け)を行います。賭けたエリアの合計点数が、もう一方よりも「9点」に近ければ勝ちとなり、賭けた金額と同額の配当が得られます。また、お互いが同点になると予想する「タイ(TIE)」に賭けることもでき、こちらが的中した場合、賭けた金額に対して8倍の配当を得ることができます。

ゲーム参加者は「プレイヤー」、「バンカー」、「タイ」のいずれか、もしくは2か所(プレイヤー&タイか、バンカー&タイ)に賭け、ディーラーが賭けの締め切りを宣言すると、シュー(カードを納めている箱)からカードを計4枚(各2枚)出し、所定の場所に配ります。そして、カードの合計点数によって3枚目のカードを引くか引かないかが決まり、その結果で勝負がつきます。

配当

プレイヤー側にベットした場合

プレイヤーが勝利するとベット額と同額、つまり賭けた金額の1倍が配当されます。また、バンカーが勝利した場合にはベット額が没収されます。タイの時には配当なしでベットが全額返却されます。

バンカー側にベットした場合

バンカーが勝つとベット額の同額の金額からコミッション(※)が差し引かれたものが配当となります。また、プレイヤーが勝利した場合にはベット全額が没収されます。タイの時には配当なしでベットが全額返却されます。 なお、コミッションは通常毎ゲームの配当時ごとに徴収するが、カジノによっては合計額を記録しておきゲーム終了時やシャッフル時にまとめて徴収という場合もあります。

※コミッションとは

カジノ側に支払う手数料のことです。徴収は次の方法が一般的です。

①5%コミッション

バンカーが勝った際に、配当から毎回5%徴収されます。

②シックスバンカーハーフ

バンカーが「6」で勝った際に、配当から50%徴収されます。

③ドラゴンセブン

バンカーが3枚目を引いて「7」で勝った際に、配当から100%徴収されます。

※①と②が主流であり、カジノによって異なります。
2020年現在では②シックスバンカーハーフの設置台数が多いです。

タイにベットした場合

ゲームがタイで終了するとタイベットの配当オッズ(通常8倍)に従った配当がされます。 なお、タイが出た場合には、プレイヤーとバンカーにベットされていた賭け金は引き分けとなり、配当、回収は共にありません。

カード追加の条件

はじめに、プレイヤーとバンカーに2枚のカードが配られます。この時点で、どちらか片側に「Natural(ナチュラル)」が出れば、そちら側の勝ちとなります。もし、両側ともナチュラルであれば、スコアの高いほうが勝ちです。もし、両側ともナチュラルで点数も同じであれば、引き分けとなります。 プレイヤーもバンカーもナチュラルではない場合、ゲームは続きます。 プレイヤーの手は、6か7の点数でスタンドします。プレイヤーは、手持ちの点数が0、1、2、3、4、5のときは3枚目のカードを引き、新しく引いた3枚目のカードを加えて、プレイヤーの最終的な点数が決定します。

プレイヤーのルール

プレイヤーのカード2枚の合計点数3枚目のカード
0,1,2,3,4,5カードを引く
6,7カードを引かない(スタンド)
8,9Natural(ナチュラル)

バンカーのルール(PLAYERが6 or 7でスタンドの場合)

バンカーのカード2枚の合計点数3枚目のカード
0,1,2,3,4,5カードを引く
6,7カードを引かない(スタンド)
8,9Natural(ナチュラル)

バンカーのルール(プレイヤーが3枚目のカードを引く場合)

バンカーのカード2枚の合計プレイヤーが引いた3枚目のカードが以下の点数ならカードを引くプレイヤーが引いた3枚目のカードが以下の点数ならカードを引かない
0,1,20,1,2,3,4,5,6,7,8,9 (すべての点数) 
30,1,2,3,4,5,6,7,98
42,3,4,5,6,70,1,8,9
54,5,6,70,1,2,3,8,9
66,70,1,2,3,4,5,8,9
7 (スタンド) 0,1,2,3,4,5,6,7,8,9 (すべての点数)
8,9ナチュラル

※プレイヤーは最初の2枚の合計が「6 or 7」のときにスタンドとなるが、バンカーは最初の2枚の合計が「7」のときのみ、スタンドとなる。ただし、プレイヤーが先にスタンドしている場合は、バンカーにプレイヤーのルールが適用となるため、「6,7」でスタンドとなる。

賭け金の上限

カジノでは一般的に、同じゲームでもテーブルごとに賭け金の上限と下限が決められています。これを「テーブルリミット」と呼び、この範囲を超えた賭け金はカジノ側で受け付けません。ゲームを行う前に、テーブルリミットを確認するという注意が必要です。



コメント

タイトルとURLをコピーしました